月別アーカイブ: 2016年10月

保管のエリートかもしれない、個人

ちょくちょくカミさんという献立などを買いつけ、レジ支払をしたスペースに最近は当たり前のマイエコバッグにものを嵌め込む際や家に戻ってきて冷蔵庫に献立を収納するのって個人により大分手当てが違うのではないかと昨今思うようになった。
カミさんの献立なんかを収納するときの手当てがどうもむかつく。とにかくスペースが無くかつ、壊れないような整備された納め側にならないのだ。けれどもそれをおもむろに注意したりするのは気がひけるから黙って自分のやりたいように直すのをデイリーとやる。正しく「重箱のスミをつつくようなことで操るんじゃないよ」と考慮の一言を添えて。
現に、自分が納めてみると我ながらなんでもきっちりと、すっきりとものが減るのである。
たとえば仕出しをエコバッグにいれる時もあるものを急きょ判断してこれをこうすればうまく鎮まるな、がわかってしまう。ですから中心のものの維持は自分がやり、カミさんが最後にチェックして「グッ、ジョブ!」のお墨付きを頂くとなんとなく偉くなったような気分になるのが最近の当人。お金を借りる

ここが変だよ!初回アニメ「トランスフォーマー」のツッコミポイント

ようこそ!

トランスフォーマーの初めマンガは、もうご覧になりましたか?
初めマンガ「超ロボット生き物 トランスフォーマー」は、今から約30年頃前にプログラムされていたマンガ脈絡。
当時はこれがオーソドックスだったのかもしれませんが、現下見ると仕込どころがたくさんありすぎるマンガです。
今回は、その流れを、さらっとまとめてみました。

・作画挫折は大胆に
このマンガでは、毎回どこかで本当に、作画挫折が起きています。
スタースクリームという性格が同じスクリーンに2人様いたり、その場にいないはずの性格がいたり・・・。
今では考えられないことですね。
珍しく作画挫折が薄いなと思ってたら、最後の最後に強烈作画挫折が待っていたり行なう。

・なんか太平
ルールの「サイバトロン」と悪の「デストロン」が競い合う、というのがそういった関連の考え方ですが、
何となくそのレクリエーションが平和に起きるから不思議です。
ああ、またやってる。みたいな。
銃は当たらないし、血をみることはおそらくありません。

・司令官は崖から略せる小物
人間の助っ人でルールの戦士「サイバトロン」の親分、コンボイ。
恋人は優秀な司令官(のハズ)なのですが、しばしば崖から落ちます。
何回も落ちます。崖に己ダイブしたこともあります。
すやすや迷走するし、恋人の触れ込み「ぼくに大きい意識がある」は、今や被害フラグ。
でもジム人気の宜しい司令官、か。

・物理制限は無視する小物
「サイバトロン」のパーソナリティーで、バーセプターというパーソナリティーが要る。
恋人は顕微鏡にでたらめ決めるが、なんとなく、変形したときのがたいが小さすぎる。
ジャンジャン、顕微鏡のとおり走ります。マイカーみたいに走ります。あれれ、顕微鏡って走るものだっけ・・・

他にもツッコミポイントはまだあります。
自己見極めるときも、みんなで見るときも、どうしても仕込ながら楽しんでみてくださいね!高反発マットレス

旅立ちは楽しい!行くまでの戦法が予め売り♪

国を問わず、プランがお気に入り!プランで最高潮かわいいのは、さすが知らないところに行って色んなものを見聞きすることやその土地の美味しいものを食することも娯楽の内だけれど、無名に行くとしてから行くまでに連絡採集しながら計画を立てるのが何よりもおもしろい。電車に因るなら、電車の瞬間を調べたり、駅周辺のことを調べたり。海外の場合でもインターネットや瞬間世間で見るのが一向に楽しい。1泊プランもどこに発車をめぐって、何を食べて・・・夜はどうするなんて考えるだけでもわくわくする。異国プランだと宿泊するホテルがどんなホテルか考えただけでもプランに行った気分になれる。どのホテルがいいかなんていうこともネットで連絡を揃えたり、口コミを見たり始めるだけでも楽しめる。そうして、限られたときの中で「あぁ、やはりあちらも行けば良かったなぁ」なんて後で後悔しないようにしっかり日取りを立てて行くことが好み。プラン業者なみのプラン日取りという冊子を作成するのも私のプランのエンターテイメントの内。いきあたりばったりが好きなやつもいるし、あんなトリップもラグジュアリーでいいけれど、びっしりプランも面白いです。ドッグフード おすすめ